美容と腸内環境の改善

便秘、肌荒れ、太りやすさ……これらの女性を悩ませる問題を引き起こす原因といえば、何を思い浮かべますか?
生活習慣、ストレス、血行不良など様々な要因が考えられますが、その代表的なものといえばやはり腸内に潜む「悪玉菌」でしょう。

人間の腸内には100兆個を超える腸内細菌がいますが、それらは善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられます。
善玉菌が多いときは良いのですが、悪玉菌が優位になれば日和見菌が悪玉菌の味方に回り、腸内細菌のバランスを崩して病気の原因となるなど、様々な悪影響を与えます。冒頭で触れた便秘や肌荒れ、太りやすさもその一つです。

では腸内細菌のバランスを改善させるためには何をすれば良いのでしょうか。
もちろん答えはシンプル、善玉菌を増やすことです。善玉菌がエサとするのは、善玉菌やオリゴ糖です。豆類や芋類、納豆やチーズなどの発酵食品を積極的に摂取しましょう。ヨーグルトは腸内環境を整えるのに効果的ですが、必ず「生きて腸まで届く」タイプのものを選びましょう。
よく言われることですが、腸内環境の改善には適度か運動が必要です。特に腹筋が弱まると腸の蠕動運動が弱まり、便秘を引き起こしたり、ガスの溜まりやすいお腹になったりなどの症状に繋がります。いきなり無理な運動をする必要はありませんが、可能な範囲の運動を継続して行うことが大切です。

毎日コツコツと出来ることを頑張って、腸内をキレイに保っていきましょう。