生まれつき小顔で首が長くすらーっとした方って、本当に何を着ても似合いますし
本当にうらやましいですよね。
このような方は、多少寝起きに顔がむくんでいたとしてもたいしてダメージは大きくありませんよね。

ですが、スタイルもそれほどでもなく、首も長くなく顔も小さくはないとなると、
朝起き抜けの顔のむくみは致命傷です。
別人のようになってしまいまい、いくらメイクを頑張ってみても満足できるビジュアルとは程遠く、朝から気分は落ち込んで家からでたくなくなってしまいますよね。

そんな時は、よく前夜水分を摂らないで寝る、とかよく聞きますが、これは間違いです。
水分不足だとかえって水分の危険を感じ身体に水分を溜め込んでしまいます。
また老廃物もスムーズにながれなくて、リンパの流れも滞ってしまい、よりむくみを促進してしまうのです。

なので、沢山摂りすぎる必要はないのですが、水分は寝る前にはある程度摂った方が、老廃物も流れてくれ、リンパもすっきりし、身体の水分の循環もよくしてくれて、朝起きると利尿効果を実感できるでしょう。

そう控えるべきものは、「水分」ではなく「塩分」です。
大量に汗をかく夏場は塩分は意識してとらなければいけませんが、それ以外の季節ではお味噌汁やお醤油を使う日本人の私たちは塩分を摂りすぎて、むくみやすい傾向があります。

水分と塩分のバランスを考えて、もうむくみとはおさらばしましょう。